2006年06月08日

長い道のり

英語の勉強法を考えるとき、

わたしは“TOEIC対策”とか“英検対策”、“受験勉強”

のようにテストにあわせた対策はあまり好きではありません。


“英語の総合力を上げる”というのを目標にしています。



英語の総合力というのは

リーディング・ライティング・スピーキング・リスニング

などさまざまな英語の能力を意味しています。



英語をどうやって勉強していくかを考えるとき無視できないのが、

「わたしたちはどうやって日本語を身につけたか?」

ということです。


日本人にとって、普通回りはすべて日本語です。

生まれたときから今までずっとそうです。

例えば、3歳の子が1日12時間寝るとして、

  12時間/1日 × 365日 × 3年 = 13,140時間


3歳児ですら13,140時間日本語に接しているのです。


毎日英語を2時間勉強している人がいたとして、

  2時間 × 365日 = 730時間    1年で730時間

3歳児に追いつくためには、

  13140 ÷ 730 = 18

18年かかる計算になります。


あせらずにのんびりやりましょう。





今、わたしがやっているのは、

英文を暗記すること。



1日一文英文暗記!です。(そのうちメルマガだそうかな。)



初心者の方は、

中学生の教科書がお勧めです。



一年ぐらい掛けて、中学3年間の教科書を“丸暗記”しましょう!

多少間違えても、すらすら読めるようになればOKです。


わたしは毎日2時間もやりません。

長続きしないから。


少しづつ長く!



応援クリックしてくださるとうれしいです。
↓ ↓ ↓
http://www.k3.dion.ne.jp/~semsis/e-tutorial.html
posted by Tonose Makoto at 17:40| Comment(1) | TrackBack(0) |

11 英語 勉強方法 って
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
英文を暗記!!は基本だと思います。
そしてこれも大変なのですが、「音読」も絶対!!
しかも音読をすると前頭葉にも良い刺激となり、脳年齢も若くなるのだとか?
・・・今日聞きました(笑)
Posted by ハイジ at 2006年06月08日 22:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。